有限会社上原清吉商会

企業プロフィール

  • 日用雑貨や家庭用品を取り扱う総合卸商社、有限会社上原清吉商会(糸満市・上原清光社長)は勤怠管理システム「KING of TIME」を導入。煩雑な勤怠管理業務を改善し、従業員の働き方改革を進めている。
    課題 勤怠管理
    導入サービス

    ※KING OF TIMEは、株式会社ヒューマンテクノロジーズの登録商標または商標です。

複雑な勤怠管理

総合卸商社の同社では、発注、管理、納品を社員、アルバイト、パートなど多様な雇用形態のスタッフが行っているため、社内の勤怠管理は複雑だ。出退勤時間、回数、休暇取得などが雇用形態に応じてそれぞれ異なるため、担当者は把握に頭を悩ませていた。

勤怠管理システム「KING of TIME」

同社では打刻式のタイムカードを基に出退勤や有休処理を行っていたが、複雑な勤務体系のため処理に時間がかかっていた。

クラウド型の勤怠管理システム「KING of TIME」は打刻データがリアルタイムにブラウザ上で管理できるほか、給与システムとの連携も容易だ。

打刻方法も指紋認証やICカード、携帯電話など複数の手段があり、遠隔地からの打刻も可能だ。

働き方を見つめ直す機会に

システムの導入はスタッフの働き方への意識を変え、結果的に残業の抑制につながっているという。

勤怠管理を担当している上原幸子専務は「以前は毎月、紙のタイムカードを準備することにとてもストレスを感じていました。またスタッフから紙で提出される有給申請書の照合も苦労していましたが、このシステムだとデータで申請できるので把握しやすくなりました」と感想を述べた。

また、「社員の意識も変わりましたね。それまでは口頭で伝えただけで、申請を出さずに休暇を取得する人もいたのですが、楽にできるからかしっかりとデータ上で申請を出すようになりました。システムの導入は社内でも働き方を見直す機会になっていると感じます」とメリットを強調した。

KING of TIME導入について

中小企業ほど情報技術が必要

代表取締役社長 上原 清光

今回のシステム導入で勤怠管理が楽になったほか、個々の残業時間が把握できるようになりました。残業が発生すると作業効率を見直す機会になり、現在では全員が定時に退社することが可能になりました。私は今後、中小企業ほど情報技術の導入が必要だと思っています。

作業効率を上げて新たな価値を創造するための時間を生み出すことが、小さい企業ほど重要になるのではないでしょうか。私たちもこれを機会に、さらに積極的に情報技術の導入を検討したいと考えています。

(オキナワグラフ2019年1月号掲載記事より抜粋)

お問い合わせ

沖縄セルラーはスマートフォン・タブレットを導入いただいた企業様に対し、朝の時間を活用してそれぞれの企業カラーに沿った即効性のある勉強会(具体的なアプリの紹介を含む)を実施しております。企業の営業力や業務効率の向上、コスト削減などのお悩みがあれば、お気軽に沖縄セルラーまでお問い合わせください。ITを駆使して全面的にバックアップいたします。

ソリューション営業部
TEL:098-869-1757
TOP